ドラマ

偽装不倫(ドラマ)の濱鐘子と伴野丈の名前の由来と意味は?

杏さん主演、宮沢氷魚さんの偽装不倫。

杏さんと宮沢さんの役名が気になりませんでしたか?

偽装不倫(ドラマ)の濱鐘子と伴野丈の名前の由来と意味は?

それについて調べてみました。

濱 鐘子と伴野 丈の名前の由来と意味は?

濱 鐘子(はま しょうこ)の名前にどんな由来があるのでしょう?

 

主人公である濱 鐘子(はま しょうこ)の由来と意味ですが、濱鐘子の姉の葉子の好きだった本が銀河鉄道の夜」でした。

「銀河鉄道の夜」

物語の主人公の名前がジョバン二

その親友の名前がカムパネルラ

姉はお腹の中のこの名前を「カンパネルラ」にしてほしいと母に頼みます。

母は、カンパネラという花の日本名である釣鐘草から「鐘」という文字を取り、鐘子と名前を付けました。

カンパネラは、母親の好きな花でした。

カムパネル⇒カンパネラ⇒釣鐘草⇒鐘子

姉の葉子が「銀河鉄道の夜」が好きで言ったことから、母の好きな花の名前の文字を取り、濱 鐘子と、名前が付いたのですね!

家族の絆を感じますね。




伴野 丈(ばんの じょう)の由来とは?

原作では、伴野 丈ではなく、ジョバンヒというお名前になっています。

こちらは、上で書いたとおり「銀河鉄道の夜」のジョバンニからの由来です。「銀河鉄道の夜」では、ジョバンニ⇒ジョパンヒ と、一文字違いになっています。

ドラマでは、伴野 丈(ばんの じょう)の由来ですが、

帰国子女という事から

伴野 丈(ばんの じょう)⇒じょうばんの⇒じょうばんひ

ジョバンヒというネーミングで付けられたのでしょうね。

ジョバンヒは日本語で「目が眩しい」という意味です。

鐘子は、年下のイケメン、ジョバンヒが「強く光り輝いて」見えたでしょね。

偽装不倫は、銀河鉄道の夜での登場人物の名前や、宮沢賢治賢治も、姉の夫も賢治という名前がでてきています。

銀河鉄道の夜を感じさせてくれるシチュエーションが良いですね。

銀河鉄道の夜が好きな人も楽しめますね!

撮影ロケ地は宮沢賢治ゆかりの岩手県?!

濱鐘子の地元は、岩手県だそうです。

岩手県といえば、宮沢賢治のゆかりの地です。

そして、原作では、伴野 丈(ジョバンヒ)のインスタンの写真に、岩手県のめがね橋が写っていて、それを見て鐘子は岩手に行くという話になっています。

伴野 丈(ジョバンヒ)を追って、たどり着く場所にイギリス海岸と言う、こちらも宮沢賢治のゆかりの地が!!

原作者の東村アキコさんは、銀河鉄道の夜に魅せられて、親友ではないですが、恋人同士として、何か通じるモノがあるとして、この濱鐘子と伴野丈(ジョバンヒ)という名前を付けられたのかな。

宮沢賢治さんのゆかりの地も原作ではたくさん出てきます。

これからドラマを見ていく上で、銀河鉄道の夜と宮沢賢治さんを思いながら観ていくのも楽しいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です