MENU
歌手・ミュージシャン

虎韻の名前の読み方と年齢/出身を調べた!事務所とインスタも

虎韻の名前の読み方と年齢/出身を調べた!

まずは虎韻さんの名前の読み方と年齢について紹介していきます。

虎韻さんの名前の読み方は「こいん」なのですが、難しい読み方ですし芸名だと予想されます。

最近注目を浴びた虎韻さんですが、まだまだ情報は少なく本人もプロフィールをあまり公開していません。

また、虎韻さんのTwitterでの投稿では以下のようなつぶやきがありました。

名前を褒められた事を書いている上に虎韻のTwitterアカウントは「taiga」という名前が入っていますので本名は「たいが」という名前の可能性もあります。

また、虎韻さんが歌っている音楽のジャンルはヒップホップです。

ヒップホップミュージックでラップをするときに大切なのは「韻を踏む」という事で、多くのアーティストが韻を大切にしています。

そのことから「たいが」という名前と韻を踏むという意味合いの「韻」を掛け合わせて虎韻という芸名にしたのではないでしょうか?

また年齢に関しても虎韻さん自身は公表していませんが、Twitterでの過去の投稿から推測すると2021年1月時点では21歳前後ではないかと思われます。

こちらは皆勤賞の賞状です。

画像内でも卒業という事が記載されているのが分かりますね。

こちらのTwitterが投稿されたのは2018年3月7日なので、当時18歳だと予想されます。

2018年に高校生活を終え、その後歌手として活動しているのかもしれませんね。

 

次は虎韻さんの出身について紹介します。

虎韻さんの曲である「南の島」がピックアップされているサイトでは活動地域と出身地が広島県と記載されていました。

また、虎韻さんが通っていた高校は山陽高等学校だという事が分かっています。

山陽高等学校は広島県広島市にある学校なので虎韻さんの出身は広島県の可能性が高いですね。

1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です