スポーツ選手

須藤弥勒(ゴルフ)の小学校を調査!両親の職業やインスタも調べた!

須藤弥勒(ゴルフ)の小学校を調査!

須藤弥勒ちゃんは2011年生まれの8歳です。(2020年3月現在)

8歳だということは、小学2年生ですね。

須藤弥勒ちゃんの小学校はどこなのでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

練習が終わり、20時の今先ほど帰ってきた。 今日はコーチの指摘があり、道具に大きな改善点があることを実感することができた。 ジュニアの親は大抵はそうだが、私もその枠に洩れず、相当道具にはうるさいし、細かいし、詳しい。 きっと、小さな子供にゴルフをやらせていると、市販のものが合わない(重すぎたり、長すぎたり、飛ばなかったり…と)ので、自分でこれとあれをあわせて、とかこの長さにしてとか、噂と先輩ジュニアゴルファーの知恵を真似することによってどんどん詳しくなっていく。 DMでもよくメッセージを受けるが、うちのインスタや弥勒がつかっている(もしくは使っていた、クラブなどが)良き基準になっているようだが、これはこれでジュニアゴルファーに良い影響になっているので、光栄に思う。 しかし、そんな私でも、コーチのマニア度合いには敵わない。今回の改善点がどのようなものか、触れたくもないが、すごく大切なことを見落としていたことは明らかだ。 メーカーからも提供を受ける身だが、やはりいくらクラブフィッティングなどをしても、ここは見落としていたな…。弥勒よ申し訳ない…お父さんはこんなことも知らなかった。一生懸命お前が振っていたのにな…でも、これで大丈夫。すざましい反復練習で、再現性が高いお前ならきっとこれでもっと正確に打てる。 弥勒のクラブを直しに持って行ったのは男子の星野陸也選手が信頼するクラフトマンの飛田さん。 とにかく、仕事がこれでもかというほど、細かい。今まで色々なクラフトマンとお付き合いをさせていただいたが、宝塚工房の国府さん、MASDAゴルフの増田親子、そして飛田さんはずば抜けている。 知識もさることながら、持っている機械の数も凄いし、こだわり、すざましい。 茨城のうちの家から1時間半ほどかかり、その途中多くの工房があるが、ここまで来る理由は、弥勒のクラブをそこら辺の人には触らせたくないからである。 まだ、何もわからなかった頃、グリップを量販店で交換してもらったら、全ての球があちらこちらに行くようになり、最悪だった。のちに分かったことは、入れた人がジュニアだと思い、手抜きをしたのかもしれないが、曲がって入れてしまい、そのせいで弥勒は私が気付くまで大変な思いをした。本当に可愛そうに。 それにしても、コーチには感謝である。 今まで沢山のコーチに付いているが、弥勒の打った形跡を見て、これはこうした方が良いですよと、しっかりと「適切な知識のもと」メーカーの担当者と渡り合える知識で、改善点を道具の面からも、私が気付く前に指摘してくださり、とても感謝している。 妻曰く、それほど細かく弥勒を見ていてくれているお陰。 それを考えると、道具の詳細などを点検せずに、スイングだけで、球が真っ直ぐいかないことを力説していた、今まで弥勒のコーチたちには、首を大きく傾げたくなる。(近くにいたら、多分声を荒げて、何を見ていたのかといってしまうだろう) 本人は気づかずに、道具のばらつきによってスイングを変えなくてはならず、可愛そうに。 何にせよ、選手にするのなら、道具はしっかりと、細かい、細かいところまで見てやらないといけないことを新しい側面から考えさせられた。 サンキューコーチ。心からありがとうございます飛田さん。 Miroku getting her clubs checked so that each one is all on a equal caliber. We drove way out 1 hour and a half to see the best golf craftsman in the area on the advise of the coach….So many little flaws from the clubs sent by the maker…Slowly getting ready from every angle. #golf #golfequipment #飛田さん #クラフトマン #東野ジャンボゴルフ #道具は大事 #プロの中のプロ

Miroku Suto 須藤弥勒(@miroku_suto)がシェアした投稿 –

須藤弥勒ちゃんの小学校の情報は公表されていません。

しかしネット上の噂では、こちらの小学校が挙げられていました。

・ぐんま国際アカデミー

須藤弥勒ちゃんが通う小学校だと噂されている「ぐんま国際アカデミー」は、小学校から高校まで設置されている一貫校で、教科の70%を英語で行ない、国際的に活躍できる人になることを目的としている学校です。

初等部6年時には、自分の考えをもって英語でディベイトできることを目指します。
引用:https://www.gka.ed.jp/top_el.php 

ぐんま国際アカデミーは、須藤弥勒ちゃんが暮らす群馬県太田市にある学校で、ゴルフで世界を目指す須藤弥勒ちゃんのために、英語教育に力を入れる学校に通わせているのではないかということです。

須藤弥勒ちゃんは1歳半からゴルフを始め、5歳のときには世界ジュニア選手権で優勝しています。

ぐんま国際アカデミーに通っているとしたら、須藤弥勒ちゃんの両親は、娘の将来のためにかなり力を入れていますね。

ちなみに須藤弥勒ちゃんの将来の夢は、「伝説のプロ」になることです。

どんな小学校生活を送っているのか気になります。

1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です