東京オリンピック

東京五輪チケット二次再抽選の販売枚数と倍率は?応募条件はある?

2020年7月24日(金)~8月9日(日)に17日間にわたり、東京オリンピックが開催されます。

そんなオリンピックを一年後に控え、6月20日には東京オリンピックの一次抽選結果が発表されました。

チケットが当たり、喜んでいる人もいれば、残念ながら落選してしまいショックを受けている人もいるでしょう。

でも、安心してください。

なんと、二次募集再抽選が、始まりますよ。

別名、セカンドチャンスと呼ばれています。

まだまだ解放されていない席も残っているようですので、再チャレンジする絶好の機会です。

ただし、二次抽選には、応募条件や販売枚数などについても一次抽選とは異なる点があります。

 

今回は、東京オリンピックの二次再抽選について独自に調査しましたのでご覧ください。

東京五輪チケット二次再抽選の販売枚数と倍率は?


東京五輪チケットの二次再抽選が、8月中に行われることが、発表されました。

8月中ということだけで、詳しい日程は公表されていません。

ただし、8月22日には、パラリンピックの観戦チケット販売が開始されるため、それに合わせて同日に行われるのではないかというのが、有力情報ですね。

そもそも当初は、二次再抽選なんて予定されていませんでしたよね。

東京オリンピックの公式サイトによると、一次抽選で落選してしまった人への救済措置として、このセカンドチャンスが決定したようです。

そのため、秋ごろに行われる予定だった先着順販売が中止になり、抽選販売への切り替えを予定しているとのことです。

現在は、調整中ですので詳細は分かっていません。

 

一次抽選に引き続き、かなりの応募が殺到しそうな二次再抽選となりそうです。

では、そんな二次抽選のチケットの販売枚数や倍率について調べてみました。

東京五輪チケット二次再抽選の販売枚数について

一次抽選での、チケット販売枚数は322万枚でした。

二次抽選に関しては、チケット枚数の詳細について、まだ公表されていません。

しかし、大会組織委員会によると、二次再抽選では、数十万枚の販売を予定しているとの報道がありました。

一次抽選に比べると、販売枚数がかなり少なくなるようですが、まだまだチャンスはありますよ。

また報道によると、今後のすべてのチケット販売も含め、約900万枚規模のチケットが販売されるようです。

 

チャンスは、まだまだありますから、最後まで諦めてはいけませんよ!

東京五輪チケット二次再抽選の倍率は?

二次再抽選での倍率を予想してみました。

まず、以下の情報をご覧ください。

  • 1次抽選販売枚数—約322万枚
  • 救済抽選(セカンドチャンス)に出されるのは数十万枚
  • 抽選申込み割合–約26%、195万人(1次抽選を参考)
  • 当選確率、当選数—-約30%、58.5万人(1次抽選を参考)
  • 購入者(当選者の9割)—52.65万人

現在、東京オリンピックの公式ID登録者数は、750万人を超えています。

つまり、、、

  • 申し込みができる人(当選していない人)・・750万人-58.5万人=691.2万人
  • 申し込む人(26%)・・691.2万人×26%=179.7万人
  • 当選者(30%)・・179.7万人×30%=53.9万人

ということになります。

仮に二次再抽選で販売されるチケットの枚数が、仮に50万枚とすると、、、

倍率は、33倍!!

これは、けっこうな倍率ですね。

二次再抽選は、狭き門ということなりますが、応募する価値はあります!

あとは、二次再抽選で販売されるチケットの枚数によって、倍率が変わってきます。

ただし、二次抽選で発表されている販売枚数は数十万枚とかなりぼやかされています。

20万枚なのか80万枚なのかで、倍率は大きく変わってきますね。

当選するには、かなり少ない確率となりますが、挑戦してみる価値はあります。

 

ちなみに、人気のなさそうな競技は、以下のように予想してみました。

  • アーチェリー
  • ボート
  • セーリング
  • ハンドボール
  • カヌー
  • スケートボード

応募する競技によって、確立や倍率も変わってきますね。




東京五輪チケット二次再抽選に応募条件はある?

できるだけ多くの国民にオリンピックを観戦してほしいというコンセプトから、二次再抽選では、応募条件が設けられています。

二次再抽選の応募条件は、以下の通りです。

  • 一次募集で一枚も当選しなかった人
  • 一つの競技につき、一枠のみ
  • 抽選対象となるチケットは、『収容人数が多い競技』『各競技の予選』『前回販売で倍率が低かった競技』のみ

残念ながら、開会式や閉会式、メダルが決定となるような決勝などのチケットは、販売されません。

申し込む競技は、しっかり考える必要がありますね。

 

ちなみに、以下に該当する方は申し込みができないようになっていますので、ご注意ください。

  • 一次抽選で申し込みをしていなかった人
  • 一次抽選で一枚でも当選した人
  • 一次抽選で当選したが、支払い手続きをしなかった人

応募条件に、該当していましたか?

読んでくださった方が、チケットに当選しますことを祈っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です