MENU
その他

レジ袋有料化店舗まとめ!パン屋/コンビニ/ホームセンター/土産物店を調査

レジ袋有料化店舗まとめ!パン屋/コンビニ/ホームセンター/土産物店を調査

2020年7月1日から有料化されるレジ袋。

レジ袋有料化の対象となるのは、「プラスチック製の買い物袋」です。

以下のような買い物袋は、有料化の対象外となります。

1プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
繰り返し使用が可能であることから、プラスチック製買物袋の過剰な使用抑制に寄与するためです
2海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
微生物によって海洋で分解されるプラスチック製買物袋は、海洋プラスチックごみ問題対策に寄与するためです
3バイオマス素材の配合率が25%以上のもの
植物由来がCO2総量を変えない素材であり、地球温暖化対策に寄与するためです
引用元リンク

この他にも、紙袋や布の袋、持ち手のない袋(ポリ袋)は対象外。

今回のレジ袋有料化は、買い物客のレジ袋の消費を減らすとともに、レジ袋を提供する店舗に、環境に配慮した袋を使用することを進めています。

どんな店舗がレジ袋有料化となるのか。

レジ袋有料化について、パン屋、コンビニ、ホームセンター、土産物店に分けてお伝えします。

パン屋はレジ袋有料化の対象になる?

袋をもらうのが当たり前だったパン屋さん。

パン屋もレジ袋有料化の対象です。

パン屋の袋も有料化になるんですね。

ただし、先述した通り、有料化の対象外となる袋もあります。

パン屋は個人営業している店が多いので、有料の店もあれば無料の店もあるというややこしいことになりそうです。

 

有名チェーン店は、どんな対応をするのか紹介します。

ドンク(DONQ)
ドンク、ドンクエディテ、ジョアン、ミニワンなどの156店舗すべてで、6月から順次有料化

アンデルセン
7月1日から有料化

すでに有料化が始まっているパン屋もあるんですね。

店舗に有料化の知らせが張り出されているパン屋もあります。

最初は無料でも、利用者がマイバッグを持つのに慣れてくると、有料化となるパン屋が増えていきそうです。

 

パン屋でも普段の買い物でも使いやすいマイバッグを探すと、こんなエコバッグがありました。

バケットも入れられるとのこと。

ネギや大根も1本入れやすいので、持っておくと便利ですね。

 

パン屋では、袋詰めするサービス台がありません。

既に有料化が始まっているパン屋では、店員さんがパンをOPP袋(ポリ袋)に入れたら、自分でマイバッグへ入れていくといった工夫をしているようです。

コンビニはレジ袋有料化の対象になる?

仕事のときのランチや、外出時の休憩に立ち寄ることが多いコンビニ。

コンビニもレジ袋有料化の対象です。

コンビニが有料化の対象なのは、正直きついですね。

大手コンビニチェーンのセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンは、7月1日からレジ袋を有料化にすると、発表しています。

レジ袋は1枚3~5円。

毎日利用する人にとっては、大きな金額です。

ミニストップでは、6月からすでにレジ袋の有料化が始まっています。

 

しかし、いつも無料でもらっていたこともあり、トラブルを心配する声も上がっています。

有料化が始まると、混乱が起きそうです。

利用者には、有料化に慣れてもらうしかないですね。

 

コンビニで買うことの多いお弁当。

お弁当も入れられるマイバッグを紹介します。

https://item.rakuten.co.jp/enciel/aenv000100100233/

シンプルなデザインなので、男性でも使いやすいですね。

あたたかい物と冷たい物を分けたい人は、2つ用意が必要です。

 

手早く買い物を済ませるためにも、スキャンが終わった商品を順にバッグに詰めていくのがおすすめです。

ホームセンターはレジ袋有料化の対象になる?

日用雑貨から園芸用品、工具など幅広く扱うホームセンター。

ホームセンターもレジ袋有料化の対象です。

やはり、有料になってしまうんですね。

 

ケーヨーD2やカインズは、7月1日からレジ袋有料化。

ニトリやコメリでは、既に有料化が始まっている店舗もあります。

コーナンはまだ発表されていませんが、有料化になる可能性が高いです。

 

ホームセンターでは、かさばる物や洗剤など重量のある商品を買うことが多いです。

大きめのしっかりとした生地のマイバッグを用意しておいた方がいいですね。

レジカゴバッグはスーパーでも使えるので、1つは持っておきたいマイバッグです。

土産物店はレジ袋有料化の対象になる?

旅行に行ったときや、高速道路で立ち寄る土産物店。

旅行時は小分け袋をもらうことも多いですよね。

有料にされると困るレジ袋。

土産物店もレジ袋有料化の対象です。

ただし、店舗によっては無料で配布しても良い環境に配慮したレジ袋へ転換している場所もあります。

大間観光土産センターでは、レジ袋は無料で配布されるとのことですが、小分け袋は有料となります。

お土産を人に渡すときは袋がほしいところですが、そのまま渡すか、袋代もお土産代に含んでいると思って、購入するのもアリですね。

土産物店のレジ袋有料化は、店舗によって対応が異なるので、マイバッグは必須です。

 

ちなみに、たこ焼き屋さんやお祭りの屋台もレジ袋有料化となります。

慣れるまで、大変です。

 

マイバッグは、小さい袋や大きい袋など種類をたくさん用意しておいた方が安心です。

普段持ち歩く用や車に置いておく用など、いつでも使えるようにしておくのが良いですね。

こちらは、小さく折りたためるマイバッグ。

マイバッグを持ちたくない人も、1つは用意しておくのはどうでしょうか。

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です